スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めにお読みください。

信じられないかもしれませんが、今の日本社会には、「カルト宗教」「集団ストーカー」「科学を使った身体攻撃」「思考盗聴」が存在します。

リンクされているホームページには、これらの事象のうち、幾つかを否定されている方々もいます。
しかしながら、他の項目については参照の価値が高いので、閲覧されることをお勧めします。

例)「気まぐれファイル」様、集団ストーカーの存在の否定。
・・・元公明党、矢野さんの判例でも明らかなように、集団ストーカーは法的に確認されています。

<被害系のホームページを閲覧する上で、頭に入れておくべきこと>
1)出来るだけ公式なソースを信じる。
2)未知の犯罪のため、「技術系の資料は参考程度」に留めておく。
・・・正確なことは、犯人たちしか知らない!
3)「被害には段階」があり、被害者それぞれの被害報告に差が出るのは、その為である。
4)被害者は基本的に「被害が継続中」なので、被害により若干、記述の正確性を欠くことがある。
・・・ここのホームページもしょっちゅう訂正してます。
5)犯行の主体はカルト宗教である。
・・・推測やオカルト系の記事は、読んでも話半分にする。
スポンサーサイト

カルト宗教の定義。

>Wikipediaより抜粋<

フランス国民議会「アラン・ジュスト報告書」によるセクト(カルト)の定義

ヨーロッパにおいては「カルト」という言葉は用いられず、社会的に警戒を要する団体を、「セクト」と呼ぶ。

1995年12月、フランス下院で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。この報告書は、調査委員会の委員長の名前を取って『アラン・ジュスト報告書』ともよばれている。

この中で、セクトの本質を「新しい形の全体主義」と定義した上で、以下のように「セクト構成要件の10項目」を列挙している。

1.精神の不安定化
2.法外な金銭的要求
3.住み慣れた生活環境からの断絶
4.肉体的保全の損傷
5.子供の囲い込み
6.反社会的な言説
7.公秩序の攪乱
8.裁判沙汰の多さ
9.従来の経済回路からの逸脱
10.公権力への浸透の試み
以上の項目のいずれかにあてはまる団体をセクトとみなしている

>転載終わり<

Wikipedia カルト

フランスのカルト基準よる日本の宗教。

日本にある「創価学会」は、フランスではカルト指定を受けている。
この団体は過去において、「宮本・元共産党委員長」宅への盗聴事件、「矢野・元公明党委員長」一家に対する、集団ストーカー事件を起こし、裁判所もこれを認めている。
政治的には、「公明党」と深いつながりがあり、国会で「政教分離」との関わりを取りざさたれている。

>諸外国における創価学会<
カルトとして認定されている国々。
1)アメリカ
2)ドイツ
3)オーストリア
4)ベルギー
5)チリ

>その他・日本のカルト宗教<
1)統一教会
2)エホバの証人 etc...

>参照<
創価学会の集団ストーカー
Wikipedia カルト

鶴のタブー。

>Wikipediaから抜粋…<
日本における多くのマスメディアが報道や出版において、宗教法人である創価学会に対する批判を控えることを指す。
創価学会がかつて講として属していた日蓮正宗の紋が鶴であることに由来している。

>転載終わり<

1)抗議や訴訟の頻発。
・・苦情の電話や名誉毀損など。
2)暴力団との関係。
・・元組長の証言書籍。
3)政治や行政への浸透。
・・「公明党」との繋がり。
4)資本参加による圧力。
・・不況によりスポンサーの影響力が拡大。

本来は、「メディアは第3の権力」であるが、諸々の事情があるようなので、被害にあっている人は、NPOやインターネットを中心とした、情報収集を心がけましょう。

Wikipedia 報道におけるタブー

犯人たちによる演出としての統合失調症。

本来は「薬物の摂取による脳の萎縮」「先天的や後天的な疾患」「事故や加齢」による病気?
気をつけなければいけないのは、ターゲットにされしまうと、被害者は多かれ少なかれ、「猜疑心、恐怖、絶望、自意識」などの状況下にさらされてしまうこと。

1)妄想の演出
テクノロジーを使った正確な位置特定による監視。
組織的な付き纏い。
周囲による騒音。
様々な媒体による仄めかし。

2)自我障害の演出
テクノロジーを使った精神域への介入。
思考の盗聴。
音声送信によるコミュニケーションの成立。

3)幻覚や幻聴の演出
テクノロジー被害による…
絶え間ない高周波音。
音声送信による「声が聞こえる」状況。

4)感情の起伏の演出
テクノロジー被害による…
脳波の誘導。
身体攻撃。
音声送信による心理誘導。

5)言葉や思考や行動の不安定性の演出
テクノロジー被害による…
注意力の散漫。
記憶力の低下。
支離滅裂な音声・言葉の繰り返し送信。
被害者の音声周波数・声色による錯覚効果の音声送信。
プロフィール

プレーリー

Author:プレーリー
 
集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者。
妹・カシミール。
家族を代表して、NPOに入会。
アニメ・パソコン・密教好き。
熊本県在住。

FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。