スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害の理由。

推測になります。
機会がありましたら、理事長さんにどんな状況なのか、窺ってみようと思っています。

1)土地の奪取。
騒音やレーダーなどの運用上の問題なのか、住居や車など「取り囲んで行われる」犯罪みたいです。
カルト宗教は、高い位置、沿道や交差点に面する土地を好むようです。
現実に、住まいを引っ越された被害者は多いようです。
(引っ越しても解決はしないので、解決するまでは引っ越さないようにしましょう)

2)性犯罪。
被害者には女性が多い。
科学を使った風呂やトイレの覗きなど。

3)名誉毀損。
被害者一家を貶める為。
精神科に入院させられた被害者が多いことからも明らかです。

4)人格異常による遊び。
「相手が死ぬまで続ける」ことが前提の犯罪のようです。
普通の人の神経では、まず始めようなどと思いません。
証拠を取られなければ…
などと言う、思想があるようですが、実際には不法侵入や薬物の混入など、証拠が残るようなことも、平気で行うので注意をしましょう。

5)理由なし。
カルトとは全く関係のない、一般人が標的にされます。
長生きをすれば、「この国で何が起こっていたのか?」分かることがあるかもしれません。
悪が栄える世の中にはならないと思います。
被害者の方々は、共に長生きが出来るよう頑張りましょう。
スポンサーサイト

心理学と科学の悪用。

>マインドコントロール<

実感としては「関連付け、習慣付け、思い込ませ」なります。
「嘘も百篇言えば…」から来ている?
世の中に、「死んでください」「○○してください」と言われて、「はい、そうですか」と行う人は普通はいない。
そのために、犯人たちは24時間張り付いて、「睡眠妨害、騒音、身体攻撃、音声送信」などの拷問を行い、被害者を心理的に追い詰めて服従させる。
「集団ストーカー、思考盗聴、薬物、騒音、身体攻撃、音声送信、仄めかし」は、被害者を「猜疑心や恐怖や絶望」に陥れる為に存在する。
気をつけなければいけないことは、「被害者と同じ声色・周波数により音声送信を継続する」ことにより、あたかもそれを「自分の意思や思考」だと錯覚させられてしまうこと。
出来るだけ、心穏やかしにして、「悪い考えや言葉は、自分ではない」と割り切って過ごしましょう。

1)眠らせない。
判断力や思考力を低下させ、言葉を無批判に受け入れさせられる。
2)食べさせない。
身体攻撃により気力や体力を奪われる。
3)怖がらせる。
「付き纏い、思考盗聴、薬物、騒音、身体攻撃、音声送信、仄めかし」など。
4)○○をしろ、自殺の強要。
犯人たちは手に入れた個人情報を元に、被害者を脅迫します。
「神様だ!」「何でも知っている」「テレビで仄めかす」「Youtubeに流す」など。
規模は大掛かりですが、大多数の人は「こういった犯罪や被害があること」を、全く知らないので信じてはいけません。

犯人たちにとって重要なことは、「被害者を孤立させて、言うことを聞かせること」です。
相手にしないことは大変ですが、出来るだけ被害のことは気にせずに、興味がもてることに関心を振り向ければ、元の状態に少しずつ戻れます。

推測される混入された薬物の役割。

「被害者の心と体をパニックにさせること」

1)経験した症状。
・・心拍数の増加、ふらつき、手のふるえ、頭の痛み、記憶力の低下、排尿障害など。
2)トラウマやPTSDの効果。
・・(テクノロジー被害と並行して)体が過敏にされる為に、それまで平気だった、通常の音や振動や光などにより心身に被害。

>向精神薬系の効用や副作用<

1)~4)は作用、5)~8)は副作用。

1)筋弛緩作用。
・・心臓や筋肉の動きを弱める。
2)健忘作用。
・・記憶力の低下。
3)催眠作用。
・・睡眠を浅くし、深い眠りを減少させる。
4)神経伝達物質の減少。
・・恐怖や不安を感じやすい状態。
5)振戦。
・・手のふるえ。
6)循環器症状。
・・血圧の低下や頻脈。
7)排尿障害。
・・尿路の狭窄。
8)悪性症候群。
・・高熱、筋硬直、意識障害、頻脈、発汗。

「効用や副作用」はそのまま、犯人たちが求めている「加害による効果や目的」になっている。

テクノロジーによる被害とセットで…
(死なない程度にやっている?)

1)心拍の増加。
・・過呼吸、パニックの誘発。
・・低周波電磁界では「神経や筋の興奮現象に変化を及ぼす刺激作用」。
2)血圧の低下。
・・立ちくらみのような症状。
・・マイクロ波には眩暈、超音波には平衡感覚を失わせる効果。
3)筋肉系の麻痺。
・・手足が重く、力が入らない。
・・超音波には筋肉の活動を鈍らせる効果。
4)記憶の阻害。
・・テクノロジーよる被害のみでも、「思考や記憶力を低下させられる」けれども、効果がよりいっそう増す。
5)神経伝達物質の減少が起因の「痛みや恐怖の増大」。
・・(脳波誘導)低周波12Hzの音声信号はアルファー波が出ることを促進し知覚を高める効果。
・・+「低周波の音や振動そのもの」にも「人を恐怖や不快」にさせる作用。
6)催眠への誘導。
・・(引き込み現象)脳波の周波数に近似した低周波音で刺激を与えると、脳波が刺激周波数に同調。
・・「言語の内容を無批判的に受け入れる」という特性。

トラウマやPTSDに関して…

薬のような症状の後、テクノロジーを使って一定時間…
(身体攻撃の内容)

1)心臓がドキドキ。
2)喉の狭窄感。
3)主に下半身を中心に微振動。

以降、特に低周波の音や振動が、心身に被害をもたらす。
一度、トラウマやPTSDの状態に陥ると、薬の影響らしきものが消失しても、「音や振動や光」などや「テクノロジー」のみで恐怖を感じさせられる。
心身のストレス、記憶の蘇り…。

パニックとは…
呼吸や心拍の増加を伴った恐怖感。

向精神薬とは…
心にも体にも作用がある薬。

神経伝達物質とは…
1)通常の記憶
2)気分
3)筋肉緊張と協調
4)感情反応
5)内分泌
6)心拍数
7)血圧
を、コントロールするのに必要だそうです。
(Wikipediaより)

人の体には個体差があるので、薬によってそういったデータを集めている可能性も…。
記憶が定かではありませんが、妹が図書館から借りてきた洗脳の本には、「人はパニックに陥ると、相手の言うことを素直に受け入れてしまう」みたいなことが書いてありました。
オウム真理教の事件でも、薬のようなものが使われていたので、マインドコントロールなどの被害を及ぼす上で、必要なものなのかもしれません。

社団法人 日本精神科看護技術協会 向精神薬の薬理作用と副作用

「集団ストーカーの手口」と「テクノロジー犯罪技術の分析・検証と対策」

まだまだ、暗中模索しています。

>対策<

1)~3)が直接的な脅しであるとするならば、5)~7)はアンカリングや仄めかしなど、間接的な脅しになります。
時間はかかりますが、慣れてしまえば、被害に遭いながらでも、それなりに好きなことをして暮らしてゆけます。

1)NPOの会員になる。
・・「チラシや会報」が届きます。
・・警察で相談したい方は、会から告知があったときに行けば、警察に話がつけてあるので、病院送りにされることはありません。
・・「定例会、相談会、アンケート、警察への相談」は、義務ではないので、無理やり参加する必要はありません。
・・会に入ると被害を強められますが、会の活動が進まない限り、「被害が終わる」ことも絶対にありません。
・・この犯罪は「人を疑り深く」させてしまいますが、出来るだけ他の被害者と会って、横のつながりを作り、「孤立の解消や情報の収集」を行いましょう。

2)パニック系の被害のとき。
・・窓を開ける、屋外に出る、体を伸ばす。
・・過呼吸の際は、手を下におろして仰向けに床に就く。
・・紙袋を使って、「ゆっくり呼吸…」。

3)音声送信には従わないこと。
・・話し合いで解決することはないです。
・・私的なことを覗かれても気にしないこと。
・・脅されても真に受けないこと。
・・犯人たちの言葉を信じないこと。
・・「嘘つき扱い」したり、「偉そうで嫌な感じ」で罵ってきますが、そのうち慣れます。
・・「恐怖」や「脅し」はマインドコントロールなどの入り口であることを、忘れないように。

4)生活や姿勢を正す。
・・所作をゆっくり丁寧に行う。
・・大声、汚い言葉、早口を慎む。
・・出来るだけ勉強や作業に従事する。
・・体や頭を温めすぎない冷やしすぎない。
・・長時間の正座は避ける。
・・背筋を伸ばす。
・・深呼吸をする。
・・お風呂やトイレは我慢せずに入る。
・・徹夜や睡眠不足は避ける。

5)防犯カメラの設置、騒音の録音。
・・カメラは音などが拾えるものであれば、騒音被害が減ります。
・・取り損ないや消去などに注意。
・・(カメラは脅しの道具にされるので)「気になる出来事はメモに取り、チェックは行わずに保存する」か、HDDなどの容量が気になる人は、「異常な出来事などがなければチェックせずに消したほうが良い」でしょう。
・・騒音被害だけであれば、ICレコーダーのほうがファイルの容量が小さいので、気にせず保存できます。

6)テレビや新聞から離れること。
・・メディアにもカルトは潜んでいるので、仄めかしのようなものがあります。
・・番組にはカルト車両の映像。
・・気にしなければそれまでの話。
・・被害に慣れてきた人は、むしろ気分転換に見たほうが良いかもしれません。

7)インターネットに頼り過ぎない。
・・掲示板での情報収集はさけること。
・・「占いや神示やオカルト」には近づかないこと。

科学的な対策も色々やってみましたが、被害の軽減にはつながりませんでした。
「思考盗聴妨害電波発射装置」なるものを購入したこともありましたが、電池ケースにマイクの部品がくっついたような代物で、効果はありません。
今からしてみると、カルト宗教と関係のある企業だったように思います。
プロフィール

プレーリー

Author:プレーリー
 
集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者。
妹・カシミール。
家族を代表して、NPOに入会。
アニメ・パソコン・密教好き。
熊本県在住。

FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。